●「伊勢和紙Photo」「伊勢和紙Art」「伊勢和紙Light」「手すき伊勢和紙」へのプリントについて

インクジェットプリンタでの使用を想定しています。用紙設定は「アート紙」「マット紙」「普通紙」などをお選びください。印字品質は、できるだけ高画質になるよう「速度優先」よりも「品質優先」を選んでください。高精細に印刷するモードの方がインクが正確な位置に飛びます。速いモードではインクの飛び方が不正確になって、滲んでいるわけではないのに滲んで見えるという場合があります。

いっぱんに「普通紙」はインクの吐出量を抑えて滲みが出にくい設定ですが、インクの乗りが薄いので深い色は出にくく、あっさり仕上げとなります。「マット紙」や「光沢紙」などはたっぷりインクを出す設定なので濃度は上がりますが、インクの滲みも大きくなる場合があります。用紙設定により黒インクの出方が異なる機種があります。「フォトブラックインク」と「マットブラックインク」を切り替えて使用する機種は、それぞれの黒インクで出力の印象が変わります。プリントする画像にどんな表現がマッチするか、テストをして比較して決定してください。

伊勢和紙Photoは厚みがありますので「厚紙設定」でお使いください。(和紙の場合は、ある程度の表面の毛羽立ちが避けられませんので、薄手であっても「厚紙設定」で印刷する方が不用意なインクの付着を防げる場合があります。)

●伊勢和紙の印刷にたいする考え方

伊勢和紙は、印刷適性の向上のために紙質を整える、という考え方を採用していません。これは、究極的には純正紙が行っている方法なので、あえて同じような手法をとる必要はないと考えています。伝統の伊勢和紙の手触りや暖かみを気に入っていただいた皆様とご一緒に、どうすればこの紙の上によりよいプリントができるか、いろいろな方法を探っていきたいと思っています。皆様のアイデアもお聞かせください。

●伊勢和紙Photoシリーズの発色

インクジェットプリンタ対応の伊勢和紙は最小限の滲み止めを施していますが、和紙本来の手触り・暖かみを損なわないように、発色を調整するための表面塗布は行っていません。したがって、メーカーの純正紙と比較してインクの濃度が上がりにくくなっています。

発色については、パソコンの画面で画像のコントラストを上げてやるとか、プリンタ側のドライバで濃度を補正するなど、お望みの色調に調整することができると思います。お使いになる環境により適宜設定を工夫して、ご自分の発色を引き出してください。

●伊勢和紙用のICCプリンタプロファイルを作成しました。

実際に入手したプリンタについてのみ ICCプロファイルを作成していますので、個別に対応しきれない点はご容赦ください。

Adobe Photoshop (6.01 以降) Illustrator (9.02 以降) など、カラーマネジメントに対応したアプリケーションを使って、印刷時にアプリケーション側で上記のプリンタプロファイルを指定し、プリンタ側は色補正なしを選択することにより、画像データ本来の発色を伊勢和紙上に再現できるようになります。(なかなか完全にはいきませんが、補正量を少なくするのには役立つと思います。お試しください。 )

●印刷環境の湿度の影響について

滲み止めを施した紙であっても、保管中や使用時の湿度の影響を免れることはできません。湿度が高いときは紙の腰が弱くなり、表面強度も下がります。プリンタというハードウェアの中に紙を通すとき、紙送りのローラーなどの影響により、物理的なトラブルが発生することがあります。湿度が高いときは、除湿をしながらプリント作業を行っていただくようお奨めします。

●紙送りが思わしくないときには

多くのプリンタでは、背面のオートシートフィーダから給紙するとき、小さなゴムローラの粘着力で紙送りをします。繰り返し給紙する場合に、和紙の表面の微細な繊維がゴムローラの表面に付着してゴムローラの粘着力が低下し、紙送りをしなくなることがあります。このような場合には、濡れティッシュや湿らせたガーゼでゴムローラの表面を拭きとってください。ゴムローラを十分に乾燥させてから給紙を行うと、再び問題なく給紙ができるようになります。
(ゴムローラを支える部品は精密にできていますから、慎重に作業してください。)