伊勢和紙ギャラリー展

青野恭典写真展 「風のことづて」

伊勢和紙で表現する自然風景展を、昨秋からの新宿・大阪に続いて開催いたします。自然をこよなく愛した写真家青野恭典は『自然は見れば見るほどその奥深さに気づかされる』と語り、山岳の勇壮で豊かないとなみを表現する一方、日本列島を一つの山脈と捉えて海岸からも生きた大地を見つめ続けました。海に面し豊かな伝統を育む伊勢の地で、和紙プリントでの表現を切望した青野恭典の自然の世界をご高覧ください。
(アオノネイチャーフォトスタジオ 青野ハツ子)

和紙作品は、故青野恭典氏が構想していた和紙による作品展を、ご夫人である青野ハツ子氏が伊勢和紙館にて出力・仕上げを行い実現したものです。さらに今回はエントランス部から階段部の作品を追加制作して展示します。サブギャラリーには超光沢銀塩プリント(印画紙)による海の作品群を展示します。

会期 ◎ 2018年5月12日(土) ~ 6月10日(日) ◎ 9:30 ~ 16:30 ◎ 5月20日(日)・27日(日)・6月3日(日)は休館
6月9日(土) 14:00 より青野ハツ子によるギャラリートークがあります。
青野ハツ子は5月12日(土)-14日(月)、6月9日(土)・10日(日)に会場にてお待ちしています。

会場 ◎ 伊勢和紙ギャラリー

協力 ◎ 伊那食品工業株式会社

 

伊勢和紙を使った作品展

伊勢和紙に映す ヴェネツィアの印象 & 憧れの山々 ◎ 林 隆久 写真展

会期 ◎ 2018年5月15日(火)~20日(日) 9:00~17:00 (15日は13時から・20日は16時まで)
会場 ◎ 松阪市文化財センター 第3ギャラリー ◎ 〒515-0821 松阪市外五曲町1番地 Tel:0598-26-7330

2015年10月に伊勢和紙ギャラリーにて展示した「水の都とアルプス」を再構成して展示します。

 

伊勢和紙を使った写真展

伊勢和紙による三輪 薫「Rock-II」と フォトワークショップ「風」写真展

会期: 2018年6月25日(月)~30日(土) 10:00~18:00 (初日 13時から、最終日 16時まで)
会場: 小津和紙 / 小津ギャラリー ◎ 〒103-0023 東京都 中央区 日本橋本町3-6-2 小津本館ビル 2F ◎ Tel: (03)3662-1184 ◎ http://www.ozuwashi.net/

◎ 三輪薫「伊勢和紙セミナー」開催 ◎ 6月30日(土) 13:00~14:00

三輪 薫 写真展「Rock-II」はアメリカのグランドサークルを撮影した作品です。日本の繊細な自然とは対照的な表情を見せる巨岩の風景で半切から全倍の多種の伊勢和紙にプリントして展示します。
17人によるフォトワークショップ「風」の写真展も併せて開催します。

フォトワークショップ「風」 (指導監修 三輪薫)
雨宮 高一 ・ 石橋 謙一 ・ 井上 眞一 ・ 猪瀬 祐作 ・ 岩崎 ひろ子 ・ 梶野 裕子 ・ 桜井 良樹 ・ 鈴木 勤 ・ 高藤 進 ・ 高橋 孝子 ・ 竹村 以久子 ・ 中川 克巳 ・ 中野 貴博 ・ 三村 徳子 ・ 宮岡 貞英 ・ 森田 治男 ・ 山岸 ますみ

 


News Release IseWashi Feb. 23, 2017

伊勢和紙は、展覧会開催やポートフォリオ作成のための写真印刷用紙として、信頼と確かな需要をいただいてきました。このほど、写真表現の幅をさらに広げる3種の伊勢和紙を発売いたしました。

◎「伊勢和紙Photo 浄ら芭蕉」(きよらばしょう)

白く晒した「バショウ」繊維を使用。原料本来の精細感と相まって、クリアな描写を実現します。
定評ある伊勢和紙Photoシリーズの最上位。A4サイズ 1,300円 (10枚入り・税別)、A3ノビサイズ 3,400円 (10枚入り・税別) など多種のサイズがあります。

◎ 手すき伊勢和紙「純三椏紙」

高知県産のミツマタ100%を使用して漉いた繊細で柔らかな表情の手すき和紙。優しい艶があり、画像の持ち味を素直に描写します。
A3ノビサイズ 5,000円 (4枚入り・税別) など。

◎ 手すき伊勢和紙「純雁皮紙」

石川県産のガンピ100%を使用して漉いた、きめ細かく美しい光沢のある最高級の手すき和紙。克明な描写で、強い陰影を作ることができます。
最高級の貴重な原料を使用し、厚みを出すことが難しいため高価となります。ご希望の「厚さ」で柔軟にお届けできるよう、受注により生産します。

◎「伊勢和紙Photo シリーズ」のA3サイズを追加発売

伊勢和紙Photo 優美 A3 1,500円 (10枚入り・税別)
伊勢和紙Photo 芭蕉 A3 2,000円 (10枚入り・税別)
伊勢和紙Photo 浄ら芭蕉 A3 2,600円 (10枚入り・税別)

「A3サイズ」のプリンタをお使いの方、美しい伊勢和紙プリントをお楽しみください。


手すき伊勢和紙は、菊判(630mm×970mm)や聯落ち(540mm×1350mm)など、大きなサイズで漉いています。「A4パッケージ」は、テスト印刷を想定して「薄手」で、A3ノビのパッケージは作品制作を想定して「厚手」としています。印刷適性は同じですが、厚さによる紙の透け感に違いがあります。


インクジェットプリンタでは「ファインアート紙」・「マット紙」・「和紙」の「高品質」設定を推奨いたします。表面加工を施していませんので、滑面・粗面どちらも使用可能で、ペンや毛筆などでの書き込みも自然にしていただけます。


各種伊勢和紙ごとに、ICCプリンタプロファイルを作成しています。
EPSON SC-PX3V / SC-PX5VII / PX-G930 / EP-10VA 他
Canon PRO-1000 / PRO-10(S) / PRO-100(S) / TS9030 他
 ダウンロードはこちらから。どうぞお役立てください。(伊勢和紙のICCプロファイルは X-Rite の技術に基づいて作成されています。)

伊勢商工会議所 1階 ロビー

高 潤生「尋覓(じんべき)」・「祈り」

伊勢商工会議所 1階 ロビーに、大判の伊勢和紙を使った作品が展示されています。(〒516-0037 三重県伊勢市岩渕一丁目7-17 / 0596-25-5151)

高 潤生(こう じゅんせい) 雅号 風魂 ◎ 書道篆刻家、皇學館大学講師、中国ハルビン書法家協会芸術顧問

◎ 伝統書道篆刻に加え、新しい文字アート「現代印作」(文字を素材として篆刻の手法に絵画の色彩表現等を取り入れ、人生、社会に対する印象と所感を表現した作品)、そして日本語を創作素材とした「かな篆刻」を開拓し、国内外の芸術界の注目を集め、篆刻芸術の国際的な交流と発展に貢献。
◎ 観光名所「おかげ横丁」や世界遺産「熊野古道」などのロゴを創作。
◎ 2013年4月、伊勢神宮 「せんぐう館」の開館記念に、伊勢和紙 篆書 六曲屏風「天地開闢」を奉納。
◎ 甲骨文字を語るエッセイ「漢字の旅」は、雑誌『伊勢人』、『ぱなし』、『とうかい食べあるき』、神宮司庁広報誌『瑞垣』などに連載。

向かって左の作品: 「尋覓」(現代印作) じんべき (尋ね求めること) ◎ 誰でも心に自分なりの浄土があるでしょう。その浄土をさがしもとめて、浮世で疲れた心身をしばし休ませましょう。◎ 手漉き伊勢和紙「伊勢斐紙 風祥」を使用

向かって右の作品: 「祈り」(現代印作) ◎ 世の平和と人々の心の安寧を祈ります。◎ 手漉き伊勢和紙「大直紙」を使用

装丁: 一級表具師 中西正治
和紙: 大豐和紙工業株式会社
印刷: 伊勢和紙館


インクジェットプリンタ用伊勢和紙

 

☆日常の心遣いの紙☆

薄くしなやかで、手紙やパンフレットなど文字印刷に最適です。

 

☆工夫する手工芸の紙☆

印刷のほか手書きやクラフト用として使い易い厚さで、切り貼りする封筒や手工芸にも好適です。
「雪色」「とりのこ色」は、写真表現などにご活用ください。

 

☆表現する写真印刷の紙☆

しっかりとした厚みは作品制作に最適です。

  ◎ 簀目が出ないように工夫して抄いた紙。柔らかい風合いと深い発色が特徴です。
  ◎ 「伊勢和紙Photo雪色」の原料と「バショウ」を2:1で配合し精細感を出しました。
  ◎ バショウの葉鞘の緻密な繊維を使用し、色乗りよく高精細な描写が可能です。

 

◎ 白く晒した「バショウ」繊維を使用。
原料本来の精細感と相まって、
クリアな描写を実現します。


アップル・アパチャーでプロファイルを指定して印刷する場合の手順をまとめてみました。うまく行かないとお感じの方、ぜひご参照ください。

◎アサヒカメラ2012年3月号の「和紙プリントの世界」で伊勢和紙を取り上げていただきました。

◎ 和紙の原料を中心に、繊維植物の分類表を作ってみました。

 

 


seimon

お伊勢さんの杜と宮川の清浄な水。温暖な気候風土に恵まれたここ伊勢の地で、心を込めて丁寧に漉きあげた紙があります。伊勢和紙の世界をご覧ください。

神宮御用紙奉製所
三重県指定伝統工芸
大豐和紙工業株式会社
たいほうわしこうぎょうかぶしきかいしゃ

三重県 伊勢市 大世古一丁目 10-30

suki