写真を印刷するということ。

伊勢和紙は写真専用紙ではありませんが、写真印刷にお使いくださる方が多いので、ここでは

◎ デジタル一眼カメラで撮影する
◎ フォトショップ CS (CC) シリーズで画像処理をする
◎ インクジェットプリンタで印刷する

ということを前提に記述してみます。フィルム撮影の人も、スキャンをした後は同じ流れになります。

「撮影して、必要に応じて画像処理をして、印刷をする。」

ここでのテーマは簡単に言えばこれで全部です。何を撮影するかとか、どういうセレクトをするかとか仕上げた作品をどんな風に発表するかとか、そういう楽しみを広げていくためのベーシックな部分だとお考えください。

「写真を撮る」には、いろいろな選択肢の中から自分で選んでいく必要があります。

(1) jpeg で撮るか、RAW で撮るか。(ファイル形式の問題)
(2) sRGB で撮るか、AdobeRGB で撮るか。(カラースペースの問題)

(1) は、そのまま使うなら jpeg、きちんと補正をかけるなら RAW と、一応言えると思います。

jpeg は、撮影のその場で作り上げるもの。カメラの持つテイストを積極的に肯定しながら、後処理はあまり考えないで使うもの。撮影時のいろいろな設定を記録しておくものであるともいえるでしょう。RAW は、逆にそのまま使うことはあり得ない、自分の狙いを引き出すために素材として使うもの。狙い通りの作品を仕上げるとき、jpeg から出発するか RAW から出発するか両方やって比べるか、選択肢は多い方がよいと思うので両方撮っておくことをお奨めしたいと思います。

(2) は、web 用には sRGB、印刷用には AdobeRGB とされることが多いようですが、sRGB を印刷用に使用することももちろん可能です。

sRGB よりも AdobeRGB の方が色域が広くて豊富な色彩を扱えるといえます。しかし、ディスプレイで AdobeRGB を目視できる環境は少数派で、sRGB の方が汎用性が高いといえます。そもそも、写真表現に色域が広いことが必ず有利になるとは限りません。カラースペースは、この二つだけではなくて、もっと広い色域も定義されていますが、カメラ内部での設定は sRGB / AdobeRGB のどちらかに限定されるようです。様々な理由があって、皆さんは自分の態度を決めておられることでしょう。

jpeg で撮る場合は、sRGB / AdobeRGB はカメラの設定で決まります。RAW で撮る場合は、RAW現像ソフトの設定に応じて現像時に決定されます。
わからないという方はカメラやソフトの設定を見直して確認しましょう。

きれいなプリントへの第一歩。カラースペースを明確にすること。

フォトショップの「カラー設定」に入ります。

目的は、フォトショップで扱うカラースペースを sRGB にするかAdobeRGB にするかを決定することです。通常は、カメラで選んだカラースペースと同じカラースペースを選ぶことになります。
(特別な目的があれば、違うカラースペースを選ぶことも可能です。)

カラースペースは詳細な設定が可能ですが、ここでは煩雑を避けるために、プリセットされている組み合わせの中から選ぶこととします。

Bridge が使える人は Bridge の「編集」メニューから「カラー設定...」をクリックしてください。
Bridge が使えない人は Photoshop の「編集」メニューから「カラー設定...」をクリックしてください。

選択肢の中から、選ぶのは次のいずれかです。

◎ Web・インターネット用 - 日本
◎ プリプレス用 - 日本2
◎ 一般用 - 日本2

sRGB を選ぶ場合は「Web・インターネット用 - 日本」か「一般用 - 日本2」を選びます。印刷だけでなく、ブログやフェイスブックなどに画像をアップすることが多いひとは「Web・インターネット用 - 日本」を選ぶとよいでしょう。

AdobeRGB に設定する場合は「プリプレス用 - 日本2」を選びます。

いずれを選んだ場合でも、カラーマネジメントがきちんと働くので、カメラで設定した sRGB AdobeRGB はそのまま正しく尊重されます。

フォトショップは、このカラーマネジメントという仕組みで、カメラの画像の色を正しく受け取り、編集し、正しく保存し、正しくプリンタに渡すことができます。フォトショップを使う場合にこの「カラー設定...」をないがしろにするならば、高価なソフトの80%くらいを最初から捨てているようなものです。

「カラー設定」の画面を見たことがない人は、直ちに確認してください。上記の3つ以外になっている場合は、特別な理由がなければこの3つのいずれかに変更してください。上記の3つのどれかになっている場合はあらためて、自分がどういう設定で作業をしているかがこれでわかります。もし、それが自分の意図と違っているようなら変更してください。

もちろん、よく分かっていらっしゃる方は3つのプリセットから選ぶだけでなくさらに全項目をひとつひとつご自身の目的にあわせて決定することができます。

カラースペースを設定するところは、実はもう一つあります。それはCamera Raw の画面の下のほうの下線がついた青い字の部分がそうです。

Photoshop には、CS 以降 Camera Raw プラグインが付属しています。もともと、名前の通り Raw ファイルを現像するための前処理を受け持つものですが、Photoshop CS3以降 (Camera Raw 4以降)はjpeg や tiff ファイルも開いて「現像」処理をすることが可能です。

Raw ファイルに限定すると、最新のカメラのRawファイルに対応するにはCamera Raw のバージョンを新しくする必要があり、そのためにはPhotoshop 本体を新しくする必要がありました。Photoshop CS6ではPhotoshop CC と同じ Camera Raw が使えるようになっています。

jpeg や tiff ならば、バージョンを気にせず使用することが可能です。

Photoshop から、対応している Raw ファイルを開こうとするとCamera Raw が立ち上がります。

Camera Raw プラグインを利用して JPEG または TIFF 形式のファイルを開くには、以下のいずれかの操作を行います。

ファイルを指定して開きます

• Photoshop を起動します。
• [ファイル] メニューから [指定形式で開く](Windows)/[開く](Macintosh)を選択します。
• JPEG または TIFF 形式ファイルを選択します。
• [指定形式で開く](Windows)/[形式](Macintosh)のポップアップメニューから Camera Raw 形式を選択します。
• [開く] をクリックします。

バージョンを追うごとに、Camera Raw は実力が向上し、Photoshop本体でほとんど何も処理をする必要がないほどになってきました。ちなみに、この Camera Raw の機能だけを取り出してファイルブラウザの機能を持たせて独立のソフトウェアに仕上げたものが Lightroom です。

さて、

jpeg でも tiff でも Raw ファイルでもよいので、何か一つ画像ファイルをCamera Raw で開いてみてください。

Camera Raw の画面の下のほうに、下線付きの青い文字で、

Adobe RGB (1998); 16bit; 2232 x 3968 (8.9メガピクセル); 240ppi

というように書かれているのがお分かりになると思います。これをクリックすることで「ワークフローオプション」の画面が開きます。このなかでカラースペース: を Adobe RGB や sRGB に設定することができます。原則的には、カラー設定で設定したフォトショップの作業用カラースペースと同じにしておいてください。

デジタルカメラ Camera Raw フォトショップ

RAW       Adobe RGB    Adobe RGB
jpeg (AdobeRGB) Adobe RGB    Adobe RGB
RAW       sRGB       sRGB
jpeg (sRGB)   sRGB       sRGB

今までに出てきた3か所の設定をまとめると、こういう感じです。
通常は、この4通りの中から選ぶことになります。

一眼カメラでAdobeRGB、コンパクトデジカメでsRGB というようにカラースペースが両方にまたがるときは、Camera Raw とフォトショップの設定は AdobeRGB にしておかれることが便利ではないかと思います。

以上、大変長くなりましたが、きれいなプリントをするためにはどうしても必要な色管理のお話をしました。

 

前言を翻して、プリントの設定は項目が多いので画面を添付しました。Windows 7 / Photoshop CS6 / EPSON PX-7V の例です。

まず、Photoshop の「ファイル」メニューから「プリント」を選び、「Photoshop プリント設定」を開きます。

最初に、使用するプリンタを選びます。ここで選んだ EPSON PX-7V は、PX-G5000 / PX-G5100 / PX-G5300 / PX-7V と進化してきた系譜の
現在形です。

そのすぐ下に「プリント設定...」のボタンがありますが、これをクリックするのは少し待ってください。

もう少し下の方に「カラーマネジメント」という項目があります。こちらを先に設定します。

「ドキュメントプロファイル: 」のところに、Adobe RGB と表示されていますね。プリント講座の(1)(2)(3)の設定が正しくできていれば、印刷しようとする画像のカラースペースがここに表示されます。sRGB画像なら、ここにsRGB と表示されます。扱う画像の素性が明らかにされていなければ、システムはその色をどのように扱ったらいいか判断できません。素性が明らかになっていれば、きちんとした印刷をすることができます。プリント講座の(1)(2)(3)は、そのための伏線でした。

つぎの「カラー処理(N):」では「Photoshopによるカラー管理」を選びます。

そして「プリンタープロファイル(P):」で適切なプロファイルを指定します。たとえば、EPSON 純正の「EPSONフォトマット紙/顔料」を使う場合は、「PX-7V Matte Paper Pigment」を選びます。(Pigment は顔料です。)伊勢和紙を使う場合には、ここで伊勢和紙のプロファイルを指定します。

この話は特にしっかり説明したいので、次回に譲ることにします。
今のところはわからなくても大丈夫ですからどうぞ心配しないでください。

ここまでの設定ができたら、後回しにした「プリント設定...」のボタンをクリックしてください。

ここからあとは、各社のプリンタが独自に作る画面に移ります。

「用紙種類(M)」を、先ほどのプロファイル設定のところで選んだ「EPSONフォトマット紙」にします。

「印刷品質(Q)」は詳細設定で レベル5 (品質優先) を選んでいますね。これはお好みで。

そして「色補正(J)」のところは「オフ(色補正なし)」を選びます。

プリンタプロファイルを使ったカラーマネジメントの仕組みによりフォトショップ側で色を補正しますので、プリンタ側では色補正をしません。

「OK」をクリックして、プリンタ側の設定を終えて Photoshop の設定画面に戻ります。

「Photoshopプリント設定」の右下の「プリント」をクリックして印刷してください。

きれいなプリント、できたでしょうか。

カラーマネジメントには必ず出てくる「プリンタプロファイル」の説明をまず
しなければなりません。

前回の例に使った EPSON PX-7V には、純正のプロファイルが次のように付属しています。

PX-7V Matte Paper
PX-7V Photo Crispia
PX-7V Photo Crispia Blue
PX-7V Entry
PX-7V Entry Blue
PX-7V Photo Paper(G)
PX-7V Phoot Paper(G) Blue
PX-7V Standard
PX-7V Super Fine Paper
PX-7V Super Fine Paper Blue
PX-7V Ultra Smooth Fine Art Paper
PX-7V Velvet Fine Art Paper
PX-7V Watercolor Paper - Radiant White

このプリンタは、マットブラックインクとブルーインクを差し替えて使う構成で、プロファイルの名称の末尾に Blue がついているのはブルーインクを使う場合のプロファイルです。この点を除くと、それぞれ順に次の用紙に対応しています。

EPSON フォトマット紙
EPSON 写真用紙クリスピア
EPSON 写真用紙エントリー
EPSON 写真用紙
普通紙
EPSON スーパーファイン紙
Ultra Smooth Fine Art Paper
Velvet Fine Art Paper
EPSON 画材用紙/顔料

純正紙の場合は、プリンタドライバで設定する「用紙種類(M)」と実際に使用する用紙の名称が通常は一致します。というか、一致するように「用紙種類(M)」を設定します。

プロファイルは、

「プリンタの機種」・そのプリンタで設定する「用紙種類(M)」・実際に使う用紙

この組み合わせにより使用するプロファイルが決まります。だいたい名前があっているので区別ができます。

機種が違えば印刷結果が違うのは理解できるでしょう。設定する「用紙種類」がことなれば、インクの出方が変わるとお考えください。使用する用紙が変わればインクの受け止め方が変わります。したがって、この組み合わせごとに印刷結果を検証し、正しい色の受け渡しを実現してくれるのがプロファイルです。

前回の設定で使った、EPSON フォトマット紙 の場合で説明すると、

PX-7V・設定する用紙種類はEPSON フォトマット紙・使う用紙もEPSON フォトマット紙
この場合には、PX-7V Matte Paper のプロファイルを使用します。

それでは、同じ PX-7V を使って、設定する用紙種類も同じEPSON フォトマット紙をえらんで、実際に使用する紙を伊勢和紙に変えた場合にはどうすればよいでしょう。

伊勢和紙のプロファイルは、使用する機種・設定する用紙種類ごとに作成して公開しています。PX-7V・設定する用紙種類がEPSON フォトマット紙の場合の伊勢和紙プロファイルは、isePX-7VmM5_120829.icc があるのでこれを使います。

そうは言っても、エプソン純正のプロファイルはエプソンのプリンタドライバといっしょにパソコンにインストールされるので、探すのに困ることはありませんが、伊勢和紙のプロファイルはパソコンには入っていませんね。

核心部に近づいてきましたが、長くなってきたので、この続きはまた次回にします。

(1)プロファイルの種類

エプソン純正のプロファイルは、当然、セイコーエプソンで作成されてエプソン販売から配布されます。プリンタドライバのおまけになっています。

伊勢和紙のプロファイルは、作っているのは私です。プリンタの機種ごとに、設定する用紙の種類ごとに作成して、伊勢和紙のサイト http://isewashi.co.jp/ にアップロードしています。必要なものがあれば、どなたでもダウンロードしてお使いいただくことができます。伊勢和紙のサイトの画面上の「DownLoad」のボタンから入ってください。

森千恵子さんがお使いになっている EPSON PX-G5100 用の伊勢和紙プロファイルは、

PX-G5100_SP_Ise_07.4.14 (普通紙設定用)
PX-G5100_CS_Ise_07.4.14 (EPSON 写真用紙 クリスピア 設定用)
PX-G5100_PS_Ise_07.4.14 (EPSON 写真用紙 設定用)
PX-G5100_MS_Ise_07.4.14 (EPSON フォトマット紙 設定用)
PX-G5100_FP_Ise_07.4.14 (EPSON スーパーファイン紙 設定用)
PX-G5100_WS_Ise_07.4.14 (EPSON 画材用紙/顔料 設定用)
PX-G5100_US_Ise_07.4.14 (Ultra Smooth Fine Art Paper 設定用)
PX-G5100_VS_Ise_07.4.14 (Velvet Fine Art Paper 設定用)

というように作成して公開しています。2007年のプロファイルですね。この機種は当時拝借して使用しただけで、その後触っていないので、以後のプロファイル作成の技術進歩は残念ながら反映していません。

プリント講座(5) を読んでくださった方はおわかりいただけると思いますが、伊勢和紙を使うのに、エプソンの用紙の名前を選ぶように感じるのは、
「エプソンの用紙」のために作られた「エプソンの用紙を使う設定」をありがたく流用しているためです。

ここで選ぶのは「用紙」ではなく「そのための設定」を選んで借りるとご理解ください。

それでは、伊勢和紙を使う場合、いったいどの「設定」を借りればよいのでしょうか。どれでも選べるように、各種設定ごとにプロファイルを作成して公開しているのですが、かえって種類が多過ぎて混乱される方が多いようです。

選び方の概略はこんな風にお考えください。しかし目安であってそうでない使い方が悪いということではありません。

[普通紙設定・スーパーファイン設定]

「写真印刷」用の設定ではないのでインク濃度があまり上がりません。印刷品質も高いポジションを選べないので、高画質での印刷ができません。ただし、だから、いい、という場合があります。

[写真用紙設定]

フォトブラックインクを使う設定なので、伊勢和紙ではインク濃度が上がりません。上記と同様に、だからいい、という場合には活用しましょう。

[フォトマット紙設定]

伊勢和紙用としては、最も普通にお奨めできる設定。インク濃度も階調性も程よく表現できると思います。使い勝手も良好。

[画材用紙・アート紙設定]

ここ一番の表現力は、この設定が最も発揮できると思います。しかし「リア手差し」にて使う必要があり、連続給紙ができません。

キヤノンのプリンタでも、用紙設定の選択基準はほぼ似た傾向です。ビジネス系のプリンタだと、普通紙設定にすると赤や青のグラフ作成とかに徹してびっくりするようなパキッとした色をだしてくれることもあります。個々の機種の設計上の性格付けによりそれぞれの特性が作られています。

ご自分が持っていらっしゃるプリンタなので、誰かに聞くよりも、まず自分で、すべての設定でプロファイルを適用して伊勢和紙にプリントしてみてください。そうすればだいたいの傾向がわかります。プロファイルを当てないでプリントすると、プロファイルの働きも分かります。

(2)プロファイルの使い方

伊勢和紙のサイト http://isewashi.co.jp/ 画面の上の方の DownLoad のボタンを押すと、brother Canon EPSON を選ぶようになっています。
(設定の仕方なども、折りに触れここに書いています。)

Canon と EPSON は、年代とインクで整理した表が出てきます。この中から目的の機種を選んでください。記述がない、または、記述があってもアンダーラインのない機種のプロファイルは作成していません。

機種を選ぶと、それぞれ用紙種類と印刷品質の表が出てきます。
(最近の機種では、印刷品質の区別をやめました。)
その表についている青いボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

伊勢和紙のプロファイルは、フォルダごとzip形式で圧縮していますのでダウンロードしたファイルを解凍するとプリンタ名のついたフォルダが出てきます。これを、フォルダごと、次の位置に配置してください。(すみません、手動でお願いします。)

ドライブ名など、適宜読み替えてください。

[Windows]

c:\Windows\system32\spool\drivers\color\

システムフォルダが不可視に設定されている場合は、設定を変えましょう。

[OS X] (いずれか)

Macintosh HD/Library/ColorSync/Profiles/
Macintosh HD/Users/(Home)/Library/ColorSync/Profiles/

最近の OS X では、Library が不可視になっていることがあります。
Finder の移動メニューで、option キーを押してください。

それぞれの場所に、プリンタ名のついたフォルダごと持ってきてください。
この場所には、すでに、自動でインストールされた他のプロファイルがたくさん入っていることと思います。

正しい位置に配置されたら、そのプロファイルは Photoshop の印刷画面からプロファイルを選ぶときに表示されるようになります。

以前の Photoshop の場合は、いちどPhotoshopを終了してもう一度起動すればプロファイルを認識する仕組みになっていました。最近のPhotoshop は再起動は不要です。

(3)プロファイルの作り方

作っているのは私です、と、さらっと書きましたが、別にたいしたことをやっているわけではありません。道具があれば、だれでも作れます。

「道具」に付属しているチャートを、伊勢和紙Art雪色の滑面にプリントしてそれを「道具」で読み取れば、付属のソフトがしっかり演算してくれます。私がやっていることはそれだけです。それぞれのプリンタの、それぞれの設定ごとにチャートを印刷して測定すれば、それぞれの条件で使えるプロファイルが得られます。

原理的な話としては、元データが持っている色と、実際にできたプリントの色とのズレを測定して、そのズレを元に戻してやるための変換表を作っていると理解してください。この事情は私が [wanokai :445]に書いています。

プリンタプロファイルを作成するときに、もっとも重要なものはプリンタです。紙は誰でも買えますから。

ということは、私が作る限り、私が触ったことのあるプリンタでなければプロファイルはできません。

伊勢和紙のサイトに掲載されていない機種のプロファイルは、できたら皆さんでどんどん作って欲しいと思います。ご協力いただけませんか。その目的なら「伊勢和紙Art雪色 A4」を必要枚数無償でお届けします。(できたプロファイルを私にも送ってくださることが条件です。)

そうは言っても、「道具」が必要ですね。いくつか紹介します。

x-rite colormunki PHOTO (伊勢和紙館 販売価格 税込 54,800円)
x-rite i1 PHOTO PRO 2 (伊勢和紙館 販売価格 税込 176,000円)
SpyderPrint (伊勢和紙館 販売価格 税込 39,600円)
SpyderSTUDIO (SpyderCube + Spyder4ELITE + SpyderPrint) (伊勢和紙館 販売価格 税込 62,800円)

http://www.kggraphics.jp/products/colormunki/colormunki_photo.html
http://www.i1color.jp/
http://www.i1color.jp/i1photo_pro2.html
http://www.datacolor.jp/
http://www.datacolor.jp/products/printerprofiling/spyderprintsr.html

いかがですか。皆さんにとってはまあレンズ一本。この投資で自分の環境に合わせたプロファイルが自分で作れます。純正紙でも伊勢和紙でも、あるいは日常生活の周りにあるどんな紙でも、これでプロファイルが作れてしまいます。

安くなりましたよ。i1 PHOTO PRO 2 の176,000円でさえ、以前から比べたら数分の一の値段です。かつてはもっと高いものをあれこれ買ったのに、
今やこれで全部できてしまいます。colormunki は一体型で安価なのでこれが最もお手軽でしょう。毎日使うものでもないですから、グループで購入という手もありますね。

プロファイルは完全なものを作ろうと思わないで、気軽に作ってアシストとして使えばよい。そう考えれば、安価な道具でもすごく価値があります。「完全なプロファイル」があったとしても、それで画像処理が不要になるわけではありませんから。