アーカイブ

2022年 / 2021年

2020年 / 2019年 / 2018年 / 2017年 / 2016年 / 2015年 / 2014年 / 2013年 / 2012年 / 2011年

2010 年 / 2009年 / 2008年 / 2007年 / 2006年 / 2005年 / 2004-2002年


伊勢和紙を使用した写真展

 

浜中悠樹 写真展
「人工都市の美意識」

2022年4月22日(金) - 30日(土)
平日 18:00 - 20:00 ・ 土日祝 13:00 - 18:00

黒のギャラリー京烏 https://kyo-karasu.com/

京都市 下京区 松原通 堺町西入る 杉屋町 275-1 河長奥
600-8078 ◎ 075-351-6089

浜中 悠樹 https://yuki-hamanaka.com/

『人工都市の美意識』は、日本の様々な都市内に植樹されている剪定された樹木が被写体である。日本では、植林された樹木の剪定は、自然との共存と繁栄の手段として定着している。剪定された樹木の造形は、周りの環境や根付く地域の文化に影響を受けて変化する。それは、長い年月をかけて構築された都市の美意識の視覚化といえる。


伊勢和紙ギャラリー展

森武史 写真展「熊野修験」

会期 ◎ 2022年2月26日(土) - 3月27日(日) ◎ 9:30 - 16:30 ◎ 3月6日(日)・13日(日)・20日(日)は休館
会場 ◎ 伊勢和紙ギャラリー (大豐和紙工業株式会社 内) ◎ 516-0079 三重県 伊勢市 大世古一丁目 10-30 ◎ (0596)28-2359 ◎ https://isewashi.co.jp/

◎ 2020年・21年に再興三十三周年記念写真展として「世界遺産熊野本宮館」「葛城二十八宿始まりの地 加太」「三重県立熊野古道センター」にて展示した作品群に続き、未発表作品を中心に開催します。
◎ 「熊野修験」は、2008年には再興二十周年記念写真展として伊勢和紙ギャラリーで開催し、その後パリ・東京・京都に巡回しました。
◎ 写真家 森武史 1957年生まれ
◎ 2014年 キヤノンカレンダー作家
◎ 「くまのみち」「絶海(鳥羽の離島)」「神宮の森」「熊野修験」など多数

 

伊勢和紙を使用した作品展

伊勢和紙による三輪 薫「花恋-2」とフォトワークショップ「風」写真展

会場 ◎ 小津和紙 / 小津ギャラリー ◎ 103-0023 東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル 2F ◎ (03)3662-1184 ◎ https://www.ozuwashi.net/
会期 ◎ 2022年3月7日(月) - 12日(土) 10:00 - 18:00 (初日は13時から・最終日は16時まで)

花へ恋心を抱きながら撮り続けた「花恋(かれん)」は、優しくソフトな和紙に花と女性のイメージを重ね合わせました。今回は10年振り2回目の開催で半切から全倍の多銘柄の伊勢和紙にプリントして展示します。
12人によるフォトワークショップ「風」の写真展も併せて開催します。

◎ 主宰: 三輪 薫 ◎ 〒252-0131 相模原市緑区西橋本4-9-62 ◎ (042)771-5577 ◎ http://wanokai.main.jp/miwa_kaoru/
◎ 和紙: 大豐和紙工業株式会社 (伊勢和紙) ◎ (0596)28-2359 ◎ https://isewashi.co.jp/ ◎ info@isewashi.co.jp

◎ 三輪薫「伊勢和紙セミナー」を開催します。 3月12日(土) 13時 - 14時
◎ 三輪薫は、会期中会場にてお待ちいたしております。

 

伊勢和紙を使用した作品展

NaNaHa solo exhibition
語りかけるように
Talking to you

■会期
2022年1月18日(火)〜1月23日(日) ◎ 11:00-19:00 ※月曜休館、最終日17:00まで
■会場
The Artcomplex Center of Tokyo (ACT) ◎ 〒160-0015 東京都新宿区大京町12-9,2F ACT2
■WEB
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT223/nanaha.html